スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草木が織りなすアート~押し花作家新井愛子さん~

これが押し花?
油絵で描いたような立体感、草木のにおいが漂ってきそうな迫力。押し花作家・新井愛子さん(垂水区海岸通)の作品展に伺って、想像していた押し花の世界とはまるで違う作品を前に圧倒された。
新井愛子さん 作品       新井愛子さん   
若いころから手仕事が大好きだったいう新井さん。編み物の全国コンクールで優勝したことをきっかけに、より深く勉強をしたいとデッサンや色彩学を学び、編み物のデザイナーへの道を薦められるも結婚を機に、名古屋から神戸へ。子育てをしながら長田、灘、垂水各区の勤労センターなどで、編み物の講師を始めた。
60歳からは、当時日本ではまだ普及していなかった押し花を「ふしぎな花倶楽部」で学ぶ。
1年で押し花の師範の資格を取った直後から、講師としてまた押し花作家として78歳の現在まで押し花の先駆者として、常に作品を作り続けている。
16世紀ごろにヨーロッパではじまり盛んになった押し花は、日本では江戸時代に押し葉帳が流行り、戦後押し花でデザインする絵画的なものが広まったと言われる。湿度の高い日本では草花を乾燥させる技術が急速に発展した。

作品作りはまず構想を練って、材料となる花、草木を摘んできて乾燥させることから始まる。作品のどの部分にどの材料を配置すればよいかを綿密に考え、細かいパーツに分けて、ピンセットを使って根気よく置いていく。
新井愛子さん 押し花材料1 新井愛子さん 押し花材料2 材料の草木、花は、完全に乾燥させて保存。

糊づけなどは一切せず、作品の上にガラスを乗せ、真空状態にする。
保存状態がよけえば、色あせることなく20年ほど保てるという。
新井愛子さん 花車 「花車」20年前の作品とは思えない鮮やかな色

新井愛子さん さくら  新井愛子さん 晩秋   新井愛子さん 野路菊  新井愛子さん コスモス
さくら              晩秋         野路菊            コスモス
 
大きな作品になると気の遠くなるような作業が続く。「やるからにはとことんやらないと気が済まない」新井さん。仕上げの作業が徹夜になることもしばしばなのだとか。
 新井愛子さん 源氏物語 須磨 源氏物語「須磨」 新井愛子さん 源氏物語 明石 源氏物語「明石」

これまで数多くのコンペ作品を出展し、その卓越した芸術性は国内外で高い評価を受けている。

2012年にはフランス・パリのベルシー美術館で開かれた「ジャンヌ・ダルク生誕600周年記念・芸術ワイン」のラベル展で、「紫式部」が、押し花部門で最高賞に当たる「百合の聖女芸術大賞」に選ばれ、ラベルは同美術館に永久収蔵されることになった。
新井愛子さん 紫式部   新井愛子さん 永久収蔵証明書1
数々の受賞歴がありながら、一度も授賞式に出席したことがないという新井さんは「作品が認められることは嬉しいが、評価を受けているのは私ではなく作品。私には講師として果たすべき役割があるから」ときっぱり言い切る。
 新井愛子さん 里山 「里山」 
新井さんがどうしても押し花で表現したかった田舎の原風景。川のせせらぎが聞こえてくるようだ。

2年後の80歳で神戸市の講師の定年を迎える。「定年後は、もっと勉強して自分の好きな作品をじっくり作りたい」どこまでも謙虚で、探究心を持ち続ける新井さんの作りだす新たな押し花の世界が楽しみだ。

                (2013年11月現在)                   (大道)
クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

舞子駅周辺を歩く① 「たたき地蔵」~

今回はふらりと舞子駅周辺を歩いてみた。
まずJR舞子駅改札を出て左へ。
橋の科学館の方には出ずに、すぐ西側に降りる階段へ。
そのまままっすぐ西に向かうと、2号線をまたぐ歩道橋があり、そこをさらに西へ。
2号線北側、JRの線路を背に3メートルに及ぶ、本御影製の大きなお地蔵さんが座している。 
  延命地蔵 延命地蔵  延命地蔵        御詠歌
これが「舞子延命地蔵」。
文政8年(1825年)、山田村(現在の舞子)の庄屋中津源左衛門らが船の往来安全と村の安泰を願って、灘の石工長谷文左衛門に造らせたものらしい。
伝説として、昔高知の桂浜を航海中、網にかかったお地蔵さんが船倉に転がり込み、あまりに重いのでどうすることもできず、荷物と一緒に山田の浦(舞子の浜)まで航海して荷揚げと一緒にあげた、そのため桂浜の方に向けて祀った。それで「南向け地蔵」と呼ばれたとある。
ちょっと荒唐無稽な話で、あとから作った話だろうが、お地蔵さんに「南向け」「北向き」など、方角が付いているのは、今のようにすぐ磁石で確かめられなかった昔の人の知恵だという。
またこのお地蔵さんは、「たたき地蔵」とも呼ばれているが、これはお地蔵さんの台座に置いてある木槌で、願い事を頼みながらお地蔵さん(台座)をたたくと願いがが叶うという風習から来ている。
木槌がたくさん並ぶ 131124延命08 木槌がたくさん並ぶ。
だが、これは誤ったいわれで、戦後あたりから誰かがはじめたことらしい。
現在このお地蔵さんのお世話をされている中村さんは、
「それぞれ自分の木槌を置いていて、お参りに来てたたいていくけど、このお地蔵さんは延命地蔵で、たたいてもらっては困る」。
実際置いてある木槌を、神社に頼んで処分してもらおうと思ったこともあったとか。
しかし「たたく」風習は信じている人も多く処分しないでほしいとの声から、最近では台座ではなく、お地蔵さんの前に、たたく石を用意している。

お地蔵さんの左横には、いつのまにか増えてきた持ち寄りのお地蔵さんや、鉄道犠牲者の供養塔(昭和34年)、宝篋印塔(江戸時代のものらしい)などがある。
供養塔など 稲荷社(右)と三宝荒神さん(左)
さらに左に、稲荷社と三宝荒神が祀られている。
この日も、長田区から親子でお参りに来ている人たちが。
「ずっと昔にここは願いがよくかなうと聞き、参ったところその通りだったので以来欠かさず来ています」。
10年ほど前には掃除など、世話をする人も10人近くいたというが、現在は中村さん夫妻と田中さんの3人だけ。
ほとんど毎日掃除に来ておられるとか。
特に毎月24日は昼過ぎまで必ずおられるそう。
また8月24日には、高野山真言宗吉祥山西方院(本多聞1)のご住職に来ていただいて法要が行われ、写真のお札が配られる。 
隠れた人気で、あっという間になくなるという。
 延命地蔵のお札
境内の周りにある玉垣を見ると和泉屋や阿波屋といった屋号、東名・奥畑など近隣の村々、兵庫の豪商だった北風家の名も
見られ、多くの人の信仰を集めていたことがわかる。
 2号線浜側より
前は国道2号線で車の往来も多く、お参りする時は注意が必要。


来た道を引き返し、今度は改札の北側から東に向かって歩く。
まっすぐ歩けば、下りのエスカレーターがあり、降りたところから、県立舞子公園内に。
 駅から東へ 県立舞子公園内へ 個性的な石標     
舞子公園の石標が道しるべ。
公園内にそれぞれ個性的な石標が点在するので、探しながらの散歩も面白いと思うが次の機会に。
公園から木々の繁る小路へ、JRの路線より北に位置する、ここは舞子公園そよ風のエリア。
旧木下家住宅へと進む。
途中、今年はちょっと花が遅いのか、ツワブキの黄色い花の群生が。
ツワブキ群生
地元の人が守る、若宮神社の前を通って、旧木下家の玄関へ。
若宮社

旧木下家住宅へ 目印 旧木下家玄関

ここは、又野良助氏の私邸として昭和16年に建てられた、数寄屋造近代和風住宅。
その後木下家の所有となり、平成12年に県に寄贈された。
建物はほとんど当時のまま手入れされ使用されており、また前庭と中庭も、当時の庭造りの様子が残っていて、貴重な建築物として、平成13年に国の有形登録文化財に指定されている。
木下庭 木下庭  
木下庭 木下庭 木下庭 木下庭

そんな難しいことはさておき、ここは昭和の懐かしい香りがする。
一見普通の住宅のように思えるが、実は細かいところに多くのこだわりがあり、建築のプロの方も、「今ではなかなかここまで凝ったことはできない」という。 休日にはボランティアさんがおられるので、その説明を聴きながらの観覧もいいかも。
今はちょうどイロハモミジの紅葉が最高。

  茶室  茶室前廊下  応接室 応接室
また現在は2013年12月25日まで、「神戸舞子クリスマス」として、数々のイベントが予定されている。
庭は晩秋の風情、室内はライフクリエーター永野いく子さんのクリスマスデコレーションと、見ごたえ充分。 
奥の4畳半 茶室待合
そろそろ日が傾いてくると、今度は2号線より南の、埋め立てによってできた舞子公園、潮風エリアへ。
舞子公園 舞子公園 舞子公園 舞子公園 移情閣 舞子公園イルミネーション 
公園管理棟や、散策路がイルミネーションで飾られている。
明石海峡大橋の雄大な姿とマッチして、いつもよりちょっと楽しい景色は、薄墨からあっという間に日没を迎えた。
公園夜景 公園夜景 公園夜景
公園夜景 公園夜景 武藤山治邸 (下右)旧武藤山治邸
昼とはまた違った幻想的な光景が広がり、冬の凛とした空気に心が洗われる。            (堀)
クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

地元に愛されるケーキ屋さんの新製品「こころっこのロールケーキ」~ブルシェ~桃山台

桃山台にオープンして31年を迎えた「ブルシェ洋菓子店」。(桃山台3丁目バス停より徒歩3分)
ブルシェ 外観
 材料にこだわるのはもちろんのこと、「地元の人に気軽に楽しんでもらえるケーキ」をモットーにリーズナブルな価格のケーキが常時25種類ほど並ぶ。
ブルシェ ケーキケース 
「店に出すものは自分が食べて美味しいと納得のできるものだけ」とオーナーの吉田暎造さん。 
ブルシェ クッキー1 家で気軽に食べられる焼き菓子は贈答用にも人気。
 

11月26日より同店から新製品「こころっこのロールケーキ」が発売になった。
ブルシェ ゆめみるたまご ゆめみるたまご(420円) ブルシェ ゆめみる抹茶 ゆめみる抹茶(450円)
 糖尿病で糖分摂取が制限されている患者さんの「たまには美味しいケーキが食べたい」との想いを実現したいという管理栄養士さんからの要望を聞いたマーケティング企画担当の入江洋一さんが、親交のあった吉田さんに依頼、2月に共同開発を開始した。糖類ゼロの低カロリー甘味料パルスイートで甘さを出すことで砂糖ゼロを実現。これに低脂肪カロリー1/2カット生クリームを組み合わせてカロリー43%オフ、ミニロール1/4カット68kcalの低カロリーケーキ・「こころっこのロールケーキ」が誕生した。
こころっこは開発に携わった人たちの「心をこめて」の意味が込められている。
ブルシェ ゆめみるたまご1/4カット このひときれで68kcalは、スイーツ好きにも嬉しい。

 「糖分制限のある患者さんだけでなくだれが食べても美味しいケーキを目指した」と吉田さん。材料も低カロリーケーキによく使われる米粉、ふすま粉ではなく小麦粉にこだわった。
 実際に食べてみると―
 ふんわりしたスポンジケーキにさっぱりしたクリームがよくマッチして、あっさりと食べやすい。ごく普通のケーキに全く引けを取らない美味しさだ。 摂取制限はされていなくてもカロリーが気になる、甘いものは苦手、そんな人にもおすすめしたい。
 「ケーキで家族みんなを笑顔にしたい」吉田さんの思いが、新たな形になって誕生した。
 現在試作中の佐用のそば粉、味噌を使ったパウンドケーキも2014年1月には発売予定。
 ≪こころっこケーキ情報≫
 ミニサイズ(長さ8.5㎝)をブルシェ本店にて販売 (フルサイズ)は12月よりネットショップでのみ販売予定。
詳細はブルシェまで
ゆめみるたまご420円
ゆめみる抹茶450円 (いずれも税込)

【Data】
 垂水区桃山台4-4-12
 電話:078-752-1525
 営業時間:9時~21時
 無休
                                (2013年11月現在)(大道)
クリックお願いします
にほんブログ村 グルメブログ 兵庫・神戸食べ歩きへ
にほんブログ村

大人だって楽しみたい!大人のフットサル&サッカー教室

2012年4月から、垂水区で子供ためののサッカー教室をメインに、
体育の家庭教師やサッカーの個人指導をしているウィーグットスポーツクラブ。

 大人になってもサッカーがしたい!。やったことはないけれど、なんだか楽しそう。
そんな要望にこたえて、2013年から「大人のためのフットサル&サッカー教室」もスタート。
ウィーグットスポーツクラブ5 

練習試合、フットサルの大会などにも積極的に参加して、実力を試すチャンスを少しずつ増やしている。
ウィーグットスポーツクラブ2  ウィーグットスポーツクラブ1 初参加の大会で見事3位

練習や試合の後は、みんなでワイワイ親睦会も。
「体を動かすことが大好きなら、初心者でも大丈夫。みんなで、いい汗を流しましょう」と代表の宮地さん。


【12月の練習予定】
日時:12月1日、8日(日)18時から22時
    12月22日(日)15時から17時
場所:苔谷体育館
参加費:初回体験1000円、チケット4回7600円
参加資格:男女問わず16歳から50歳くらいまで

連絡先;wegut-sport-club@willcom.com
     070-6505-9010 (宮地亮太さん)

                             (2013年11月現在)    (大道)
クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村






体にいいものってなに?~Manna café(マナカフェ)~桃山台

桃山台に10月15日にオープンしたマナカフェ。
マナカフェ外観 
マナとは旧約聖書の出エジプト記に出てくる食べ物で、飢えたイスラエル人を救おうとしたモーゼの祈りに応じて、
天から降らせたとされている。
そこから、「かけがえのない大切なもの」と解釈。より安全で体に良いものを提供したい。との思いを込めて、
マナカフェと名付けた。
マナカフェ店内4  マナカフェ店内3  マナカフェ店内1
同カフェでは老化予防や体質改善に効果があるとされる水素水を料理、飲み物全てに使用。
ぬかを使ったガレット(600円)、
マナカフェ ガレット 
季節の手作りスイーツ(300円~)
マナカフェ スイーツ(かぼちゃプリン) この日はかぼちゃのプリン
ほうれん草のドリンク(500円)など、ちょっとこだわったメニューが味わえる。
コーヒー、紅茶(各500円)、本日のパスタ700円、カレー700円

「常識とされることにごまかされることなく、本当にいいものを自分の目で確かめていきたい」とオーナーの中川薫さん。
マナカフェ
「同カフェが、同じ思いを持つ人の集まれる場として、また情報発信基地になれば」と考えている。
【Data】
垂水区桃山台2丁目1720-16
 電話:078-798-5642
 営業時間:9時~18時
 定休日:日・祝
                        (2013年11月現在)                       (大道)
クリックお願いします
にほんブログ村 グルメブログ 兵庫・神戸食べ歩きへ
にほんブログ村

自分の子供に着せたい服をセレクト ~P-enfant(アンファン)~ 神田町

 店の外観
垂水銀座のちょうど中ほど、以前橋本ボタン店だったところにかわいい子供服の店が開店した。
店名の「P-enfant」は、フランス語で「子供部屋」のこと。 
きれいな色の服が並ぶ 可愛い小物 見やすいディスプレイ
店内はその名のとおり、服だけでなく、壁には帽子やカバンがかけられ、可愛いおもちゃ、小物が並ぶ。
片隅には小さなテーブルもあり、お母さんが服を選んでいる間、子供はお絵描きなどして遊べそうだ。
店長の橋本さんは自身も5歳と3歳の子供を持つ母親。  

電車の形のポーチ ジャケット8700円       

「自分の子供に着せたい服がなかなか見つからず、こんな店が欲しいと思っていました」。
服は輸入ものが多く、鮮やかな色づかい、ポップなデザインなど、みているだけでも楽しい。
子供部屋そのもの ジャケットもオシャレ プレゼントにどうぞ

また肌触りのいいオーガニックコットン製など、素材にもこだわる。
服に合わせて、靴やバッグなど、トータルコーディネイトのディスプレイもあり、孫の服を探しに来たおばあちゃんにも好評。
トータルコーディネート 店頭も可愛い トータルコーディネート
これからのクリスマスシーズンにプレゼントとして、ちょっとしゃれた服や小物を選んでみてはいかが。

【Data】
垂水区甘田町4-26
電話&FAX:078-786-3981                          (2013年11月現在)       (堀)
クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

一切手抜きなし!和食の店~季づ菜(きづな)~名谷町

垂水駅から12・13系統のバスで「奥畑口」のバス停からすぐにある、
創作京和食・京懐石の店「季づ菜(きづな)」。
季づ菜 入口  季づ菜 店内1  季づ菜 店内2

店主の田中克明さんは、京都・大阪の有名料亭で腕を磨いた本格派。
地元垂水の人に「本物」の味を届けたい。と4年前に同店をオープンした。
「熱いものは熱いうちに。冷たいものはつめたいうちに」と手間暇を惜しまず、1品1品丁寧に仕上げていく。下ごしらえから仕上げまで、全ての工程を田中さん一人でこなす。
「料理人としてこれまで続けてきた仕事で、決して手抜きはしたくない」田中さんのプロとしてのこだわりが、料理に込められている。
季づ菜3  季づ菜2
 寒い季節、あっつあつの1日限定10食のあんかけ石焼き海鮮丼(1050円)がおススメ。
季づ菜  あんかけ石焼き海鮮丼 熱した石鍋にあんをかけると湯気と共に香り立つ出汁のにおいが食欲をそそる
讃岐、稲庭と並び日本三大うどんの1つとされる五島うどんが味わえる五島うどん御膳(1050円)
季づ菜 うどん御膳 椿油を練りこんだうどんは、細麺でコシがあり、のど越しがいい
出汁は料理によって使い分ける。うどん出汁には淡泊ながら旨みとコクのあるまぐろ節を使用。
茶そば御膳(1050円)、季づ菜御膳(1575円) など、店主の心づくしが手ごろな価格で味わえるとあって、リピーターも多い。
 メインが選べるお子様御膳(840円)は昼夜共に注文可。
季づ菜 お子様御膳
このほか月替わりの京懐石3675円~
季節の魚料理、茶碗蒸し(630円)天麩羅盛り合わせ(1580円)だし巻き卵(650円)などの和食から自家製ごま豆腐ピザ(1300円)などの創作料理まで、メニューが豊富。
【Data】
垂水区名谷町字賀市3428-1コーポ千樫101
電話:078‐792-5544
営業時間:昼11時半~14時
     夜17時~21時
定休日:第3火曜・毎週水曜
                   (2013年11月現在)(大道)
クリックお願いします
にほんブログ村 グルメブログ 兵庫・神戸食べ歩きへ
にほんブログ村

ここの干物はひっぱりだこだとか ~上所食料品店~ 千代が丘2

通り過ぎようとして、目に飛び込んできたのが、きれいに並べられたサンマの開き。
千代が丘2丁目の角にある上所(うえじょ)食料品店前に、ところ狭しとサンマが並べられ、天日干されていた。

サンマの開き 1枚、1枚、裏返す。 
以前はここで食料品店を開いていたが、
「最近は干物など魚の加工が好評で、店を開けている暇がない」と上所さん。
1日200枚以上のサンマを1枚ずつ開きして、丁寧に干し、そして裏返す。
9月からはじまったこのサンマの天日干しもそろそろ終わり。
他にサワラや紅鮭なども扱っていて、材料にはこだわりの魚を取り寄せる。
1本釣りのサワラ サワラは1本釣りの逸品を使用。

 紅鮭の加工 紅鮭は北海道から。
 
また、イカナゴのくぎ煮は昔ながらのシンプルな味だが、一度買った人はほとんどがリピーターになるという自慢の一品。

イカナゴのくぎ煮用大鍋 くぎ煮用の鍋。
作業していると昔からのなじみのお客さんが買いに寄っていくことも。
近くではちょっと知られた名店だ。                (2013年11月現在)           (堀)

クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

使うのが楽しくなる雑貨がいっぱい ~雑貨SHOP&CAFÉ コッポーラ~ 本多聞

垂水警察署前に11月9日にオープンした「雑貨SHOP&CAFÉコッポーラ
コッポ-ラ11  コッポ-ラ7
ベランダから柔らかな日差しがいっぱいに差し込む店内には、
食器、カトラリー、バッグガラス小物などの雑貨がずらり。
コッポ-ラ5  コッポ-ラ9  コッポ-ラ10  コッポ-ラ8  
 雑貨が大好きというオーナーの齋藤さん。
国やブランドにこだわらず、「ただ見るだけでなく、使える雑貨を」取り揃えている。 
 2013-11-18 16.22.34 人気のマリメッコマグカップ(2310円)  コッポ-ラ13 トートバック(1680円) 

 コッポ-ラ14 スポンジワイプ(630円)

 コッポ-ラ1これ1つで、野菜のスライス、水切り、ボウルにもなる。オーナーおススメ(3980円) 

 コッポ-ラ12肌触りのいい今治タオル  コッポーラ15   コッポ-ラ4

「雑貨を通して各国のお国柄が見えたり、文化の違いを感じたりすることがとても楽しい」と齋藤さん。
 「こんなものがあったらいいな」「こういうものを探しているんだけど」そんなお客さんとの対話を楽しめる雑貨店を目指している。
カラフルなもの、形が可愛い小物など、お気に入りの雑貨が見つかると、気分がうきうきするもの。
クリスマスや新年のプレゼントに、また、自分への御褒美にぴったりの雑貨が見つかるかも?

【Data】
垂水区本多聞3丁目11-5ローズビル2階
 電話:078-787-0039
 営業時間:10時~19時
 定休日:水曜日
                                               (2013年11月現在) (大道)
クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

2013神戸マラソン プレイベントに行ってきました。

 11月16日(土)、マリンピア神戸の「おさかな広場(さかなの学校横)」で、2013年神戸マラソンを盛り上げるためのプレイベントが開催された。
ステージは午前・午後に分かれ、午前はゆるキャラ大集合と神戸・清盛隊のステージ。
清盛隊は久しぶりに7人が揃うとあって、ファンが大勢つめかけた。 
 清盛隊 清盛隊
そのあとのゆるキャラ紹介では、垂水観光大使のごしきまろとレインボーキッズによるよさこいをはじめとして、出演のゆるキャラがほとんどダンスを披露するなど、マラソンの応援イベントとしてとして大いに盛り上がった。
ごしきまろ ごしきまろ 明石のパパたこ 淡路のあわ神 あわ姫 本四高速わたるくん・三重の伊賀イガ・クリオ、甲賀にんじゃえもん 黄色いわたるくんの足の裏にはハートが。 ブルーのわたるくんの足の裏にはわたるくんが。 やちにゃんとえべっちゃん 131116プレ07 131116プレ12
垂水のごしきまろ、明石のパパたこ、淡路のあわ神とあわ姫・奈良のせんとくん・三重のイガ・クリオとにんじゃえもん、本四高速のわたるくん、彦根のやちにゃん、三田市のえべっちゃん、京都府京田辺市のキララ商店街のキララちゃんと福知山のゴーヤ先生など、ゆるキャラが大集合。
 
 午後からは、和太鼓連ふくだ、ドンドコひがまいなどの和太鼓演奏や、地元ママさん吹奏楽のリズム戦隊ママレンジャーなどが演奏を披露。
  和太鼓演奏 リズム戦隊ママレンジャー 和太鼓演奏

また会場内には、ゆるキャラ出身地のブースも設けられ、ゆるキャラグッズや観光案内などが行わた。
一番のメインは、マラソン応援の横断幕に応援メッセージを書くイベント。
訪れた大勢の人は、参加する知人へのメッセージや、マラソンへのそれぞれの思いを書きとめた。
 マラソン応援横断幕   本四高速のブース 明石のパパたこは家族がいっぱい!!


そして姫路ご当地アイドル「姫っこ5」、や神戸ご当地アイドル「KOBerrieS♪」などが元気いっぱいに歌やダンスを披露、駆けつけたファンとともに熱いステージを繰り広げた。
姫路ご当地アイドル、「姫っ娘5」 神戸ご当地アイドルコウベリーズ    せんとくんと一緒に踊ったミラクルビクトリーさんたち。


最後は、TMレボリューションのライブキャラのタボくん、愛知県稲沢市のゆるキャラいなっピー、本四高速のわたるくんが驚くほど身軽なダンスとエアー演奏でマラソン応援をした。
tabo.jpg TMたぼくんといなっピー、わたるくん

最後は大盛り上がり!! ゆるキャラ大集合
 最後はゆるキャラ、全員集合!!     写真撮影会で締めくくられた。   (堀) 
クリックお願いします
 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村                 

第23回 垂水区総合文化祭が始まりました。 2013年11月~。

垂水区民総合文化祭の一環として、垂水勤労市民センター、レバンテホール(レバンテ垂水2番館3階)で始まったステージイベント。
11月8日(金)の有料の『フェニックスコンサート』を皮切りに、9日は舞踊・カラオケ・コーラスなどの多彩なステージイベントの『ゼラニウムフェスティバル』、そして今日10日は、垂水区音楽協会主催の『響けハーモニー』が行われた。
出演は、垂水声楽アンサンブルコンクールの入賞者を始め、同会に所属するグループや個人による、ハーモニカ演奏や、児童・女性・男性・混声などの合唱、吹奏楽の演奏など。
   
 
  
  観客席は開始時間にはほぼ満席となり、ステージは第13回垂水声楽アンサンブルコンクール、小学校5・6年の部で入賞した児童の演奏で始まった。海外での評価も高い森本令さんのヴァイオリン演奏、2013年全国シルバー合唱コンクールで審査員特別賞を受賞した「コラール デュ ピュピートゥル」、結成60年を迎えた「なぎさコーラス」、若いママさんたちの吹奏楽グループ「リズム戦隊 ママレンジャー」など、20を越えるグループが出演、日ごろの成果を披露した。
    
   

  
また1階では、17日に行われる神戸マラソンを盛り上げるイベントが行われていて、区民の文化祭は否が応でも盛り上がる気配、同館内の区役所庁舎では、展示ブースも設けられ、「垂水平成万葉集」や「公募作品展」、「生花作品展」、「第10回垂水区中学校生徒作品展」などが開催される。
               (堀)
クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

現役高校生が店員さん ~県商の店 「アンフィニ」~ 星陵台4

県商(兵庫県立神戸商業高校)正門前の道路を挟んだ真向いにある、今年6月オープンした同校生徒たちの常設実習店舗「アンフィニ」。
アンフィニ 外観   【アンフィニ】

 神戸を中心とした企業や店と連携して生徒自身が企画開発した商品や、他県の高校が地域の特性を活かして商品化した委託品などを販売している。
パン 生徒が店員に パン
  店内には企業との共同企画開発商品が並ぶ。

また実習の一環として、生徒自らが店員となり、放課後や土曜日に店に立つ。
これまでにも同校は「県商生活」という名で、垂水や須磨、ハーバーランドなどで期間限定の店を開いてきた。
地域の食材などを上手く取り入れたさまざまな同校オリジナル商品は来店者に好評で、回を重ねるごとに支持を得るようになった。
3年の寺脇幸樹君は永楽堂と共同開発した大きなたこせんがヒット、「地産地消を意識していろいろな材料を試した結果、ノリとゴボウに決定しました」。
はじめは人参やカボチャなどの彩りのいい野菜で試したが、サクサクした食感を重視、ゴボウに決めたという。
「実際に店でお客さんと接してみてわかったこともありました」と同じく3年の佐藤ゆりさん。
「出店させてもらった百貨店で接客の仕方を教わるなど、とても勉強になっています」。
メンバーは、産業調査部(クラブ活動)に属する2年生と3年生合わせて16人。
現在は小麦庵と企画開発したパンが取り扱い商品の主流だが、少しずつ実績を作って商品数を増やしていく予定だという。
人気のパンは、周りがフランスパンで中にシチューが入ったオールシチューパン250円、また特製クリームの入ったクリームパン250円、アップルシナモン130円など。
人気のクリームパン 県商仕様のシャープペンシル 
   人気商品のクリームパンと、県商限定のクルトガシャープペン。

三菱クルトガ(シャープペンシル 430円)の県商限定商品では、学生のニーズに合わせて優しい色とクールな色を用意。
その他、農業科のある県立上郡高校の手作りジャムや、県立西脇高校の巾着袋・ランチョンマットなどの手工芸品、また遠く熊本県立熊本商業高校の「あきないスープキット」なども委託販売している。 
  上郡高校のジャム 熊本高校のスープキット 西脇高校の巾着   
   上郡高校のジャム・熊本高校のスープキット・西脇高校の巾着  
   
「様々なお客さんや業者の人と話すことで、生徒たちも大きく成長できると思います」と担当の貞松敏夫教諭。
店前の張り出し 県商ニュース 手書きの看板  
  店頭にて 
店に現役高校生の自由な発想から生まるユニークなオリジナル商品が増えるためには、客側の暖かい応援も必要。
誘い合わせて、学生が運営する店をちょっとのぞいてみませんか。 
 木のおもちゃ コーヒーのパッケージデザイン 靴 協力企業とのコラボがこれからの課題
【Data】
住所 神戸市垂水区星陵台4丁目3-1
電話 078-707-6464(県立神戸商業高校)
営業時間 月曜~土曜日 10:00~18:00 
定休日  日曜日・祝祭日            (2013年11月現在)      (堀)

クリックお願いします 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

「垂水から明石ウォーク」に参加、サプライズがありました。

11月6日火曜日、第3回明石海峡スタンプラリー開催に合わせて、垂水から明石まで歩きながら、スタンプポイントをめぐるイベントが行われた。
スタートの垂水では、舞子公園の旧木下家や移情閣をまわり、垂水観光ボランティアのガイドを聴いた。
昼食後の本四高速のエリアでは、明石海峡大橋の説明を同職員から聴いた後、普段は入れない明石海峡大橋の管理用通路を少し歩くという、体験サプライズがあった。
上を走る高速道路の車の振動で時には揺れ、また足元はスリルある格子状のグレーチング仕様。
131106大橋01 131106大橋02 131106大橋03
  左 :足元は海。 
  中央 :垂水の連絡口を望む。
  右 :淡路へ向かうまっすぐ伸びた道、少しだが上り坂。

131106大橋04
  職員の説明を聴く参加者 
 
131106大橋05 131106大橋06 131106大橋07
  垂水の町、舞子公園を見下ろす。
  横に見える黒いパイプは、淡路に水道水を送るためのもの。
  これのおかげで淡路の水不足が解消された。
  また、電話のケーブルなども渡されている。 
 
131106大橋08 
   ほんの少しの空中散歩が終わり、引き揚げる。

風の抵抗を防ぐためと、軽量化のためということだが、頭上の海上プロムナードとは一味違うワイルドさを堪能できる。
なお興味がある人は、この通路を歩いて、高さ約300メートルの神戸側の主塔にエレベーターで上がる、「ブリッジワールド」が4月から11月まで(大人3000円・中学生1500円)実施されているので参加を。
この後、明石に向かって出発、大蔵海岸から、天文科学館、明石市立博物館、魚の棚など約7キロの道のりを歩いた。
垂水区からの参加者が多かったが、明石ではぶらり子午線観光ガイドの説明で、垂水と明石が大きな関わりを持っていることにみな驚いた様子だった。
ちなみに垂水区は昭和16年に神戸市(須磨区)に合併されるまで、明石郡垂水村(のちに明石郡垂水町になった)だった。
余談だが、電気が供給されるようになったのは、明石郡の時だったので今でも営業所は明石、一方ガスは神戸市になってから引かれたので舞子の営業所。
歴史を知ると、こういう何でもないことが結構面白い。           (堀)

クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

ホンモノを伝えたい~第1回神戸垂水まちゼミ~

第1回神戸垂水まちゼミ(垂水商店街振興組合)が、11月6日から始まった。
まちゼミとは「得する街のゼミナール」の略で、プロならではの専門的な知識や情報、コツを無料で学ぶことのできる少人数制のゼミのこと。
 10年前に地域活性化のためにと愛知県岡崎市で10店舗ほどの参加で始まった同ゼミだが、実績が評判を呼び、今では全国の商店街で広まっている。
 これにならって、垂水の商店街でも「店側とお客さんとが気軽に話のできる関係を築いて商店街をもっと元気にしたい」と垂水商店振興組合が立ち上がり、2度のまちゼミの説明会を開催して参加店を募り、今回のまちゼミの開催となった。(20店舗が参加)
 今日開催された2つのゼミに参加した。
まちゼミ1 
まずはフジウラカメラの藤浦社長にカメラの基礎を教えてもらった。
運よく?この回の受講生は1人だけ。
写真を撮る時に大切な「明るさ」について、シャッタースピードや絞りのことを丁寧にゆっくり説明してもらった後は、いつも使っているカメラの効果的な使い方もアドバイスを受けた。今まで使いこなせていなかったカメラの機能を教えてもらって、撮るのが楽しみになってきた。
「デジカメは気軽に撮れるからこそたくさん撮って、お気に入りをプリントするのがおススメ」と藤浦さん。「写真の構図の決め方や光の当たり具合など、被写体が同じでも少し変えるだけですごくいい写真が撮れる。分からないことがあればぜひ気軽に相談してほしい」
午後からは、和田商店又江社長による旬の野菜の講座。
まちゼミ5
産地を伏せて大根、ミカンの食べ比べをしたり、美味しい野菜や果物の見分け方などスーパーで値段だけを見て買うのでは、全く分からなかった興味深い話が満載。
まちゼミ3  まちゼミ2
「今どこの産地のものが旬なのか、どんな調理法が合うのかなど、持っている知識をどんどん伝え、またお客さんの要望を聞いていきたい」と又江さん。
専門店のスタッフはそれぞれがその道のプロ。
自分たちの売っている商品に自信を持ち、少しでもお客さんにセールスポイントを伝えたいという熱意がこもっている。
まちゼミは生きた勉強のできる貴重な場として、大いに注目したい。
神戸垂水まちゼミは30日まで開催申し込みは各店舗まで
まちゼミ7   まちゼミ6
                                                    (大道)
クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。