スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリューム満点、お酒が苦手な人も満足~浜のおかず えん~神田町

170525 えん01
「浜のおかず えん」はJR垂水駅西口北側のウエステバスロータリーから東へ。
店のドアを開けると、まず厨房が目に飛び込んできて、
ちょっと変わった作りの店。
厨房の横を通り過ぎて2階の客席へ。
そこは思ったより広く、和風のテーブルが7席。
170525 えん06 170525 えん07
開店当初は、若い人向けのおしゃれなインテリアだったが、
三年前にリニューアル、落ち着いた雰囲気に。
170525 えん08 170525 えん09
本店は西明石だが、この2号店は「垂水を活かした店づくり」
と、女性店長の青木さん。
170525 えん02
   店長の青木さん(左)と店員さん。

お酒を飲めなくても、満足できるメニューで、しかもボリューム満点。
人気の鉄板唐揚げ580円は、一人で頼むと後悔しそうな山盛り。
170525 えん05
    味付きだがさっぱり、いくらでも食べられそうな鉄板唐揚げ
名物あわじ鶏の、せせり鉄板焼き380円、肩肉鉄板焼き(250g)680円、
ころころなんこつ鉄板焼き380円など。
お造り盛り合わせ780円、サラダ各種480円~、
170525 えん04
淡路玉ねぎのオニオンスライスなど手軽に頼める一品は280円~。
さすが明石の店だけあって、とろふわ玉子焼き(タコ入り)480円は
明石の玉子焼きが、だし巻きバージョンに。
170525 えん03
現在は春の宴会コース(2~40名、要予約)実施中、
新えん春色15品、しゃぶしゃぶ食べ放題、春のお好み焼きなど、
一人2500円(飲み放題付3800円)。
一品居酒屋コース1700円(飲み放題付3000円)。
リーズナブルで、わいわいと楽しく食べられそうなメニューも多いので、
最近は女性のグループ客も多いという。
カウンター席もあって、一人でも気軽に立ち寄れる。
【Data】
垂水区神田町2-24
電話 078-709-0308
営業時間 17:00~23:00(現在ランチは休業中)
 (loは食事22:00、ドリンク22:30)
定休日 月曜日
   (2017年5月現在)      (堀)

クリックお願いします

にほんブログ村

スポンサーサイト

5月29日オープン!旬の食材をアツアツの鉄板でどうぞ~鉄板ビストロQuatre(キャトル)~西舞子

山電西舞子駅北側、西舞子郵便局近くに5月29日にオープンする鉄板ビストロQuatre(キャトル)。

オープンに先立ち、5月26日プレオープンした。
ビストロキャトル1   

オーナーシェフの森下哲孝さんは、25年間ホテルの洋食部門に勤務。
フレンチ、バイキング、イタリアンなど様々な洋食に関わるなかで、鉄板焼きと出会った。
ゆくゆくは独立をと考えていた森下さん。お客さんの反応が目の前でわかる鉄板焼きの店をと思ったという。
Quatre(キャトル)はフランス語で数字の「4」。
四季、四つ葉のクローバー、そして4人の子供たち。「4」には、森下さんのたくさんの想いが込められている。

ビストロキャトル4  ビストロキャトル3
ホテル時代に培った氷の彫刻の腕前は、子供の幼稚園の卒園式で毎年披露している。


 メイン料理はダイナミックに鉄板で仕上げ、気軽にお酒と一緒に味わえるビストロメニューも楽しめる。
食材は地元ならではの明石ダコ、明石鯛、伝助あなご、西区の野菜を中心に旬のものが味わえる。
もちろん、料理に合う、お酒のアドバイスもしてくれる。(ワインだけでなく、日本酒、焼酎、ビールも有)

「鉄板だけでなく炭火も使って、「焼き」の美味しさを味わってもらえたら」と森下さん。
ビストロキャトル2 
この鉄板を前に、これから繰り広げられる楽しい会話、美味しい音が楽しみだ。

 ビストロキャトル5
 ランチ2000円~(前菜、スープ、メインはハンバーグまたは魚、パン、デザート、コーヒー)
 ディナー    アラカルト600円~(ラタトゥーユ、オムレツ、ハンバーグなどのほか、その日の仕入れによって)
          お任せコース3500円
 ※各種パーティー、貸し切り 応相談

【Data】
垂水区西舞子2丁目12‐28
電話:078‐742‐7374
定休日:木曜日

(2017年5月現在)                                       (大道)
 クリックお願いします

にほんブログ村

第4回知的障碍者による「アンクルン演奏会」に行ってきました。

2013年の第3回「アンクルン演奏会」で、
プレゼントガーデントゥー代表の高野さんが、
「夢はオーケストラとの共演」と語っておられました。
今回、その夢が実現、20日(土)、神戸文化ホールで、
関西の著名大学で活躍したOBで構成された、
「シニアオーケストラ神戸」(指揮:丹埜一樹さん)を迎えて、
4回目の「アンクルン演奏会」が開催されました。
170520 アンクルン01 170520 アンクルン02
今回はピアノ、加藤英雄さん、
カホンとタンバリンのパーカッションユニット、□と〇(sikaku to maru)なども参加、
聴きどころ満載のコンサートに。
なかでもラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番第1楽章」は、
メンバーにとって大変な難曲だったそうです。
170520 アンクルン03
オーケストラとピアノをつなぐアンクルンの優しい音は、
いつもの曲と一味違うラフマニノフを聴かせてくれました。
第1部、第2部が終わり、幕が一度下りた後オーケストラボックスから、
エルガーの威風堂々が。
幕が上がると、メンバーは一人、一人舞台へ。
170520 アンクルン04
第3回目では、オーケストラの録音に合わせて、
オーケストラとの共演を夢見て演奏した「威風堂々」。
生のオーケストラをBGMにメンバーを紹介、
前回、だれが想像できたでしょう。
会場からは惜しみない拍手が送られました。
次回はまた、どんな「ステキ」を見せてくれるか、今から5回目が楽しみです。
          (2017年5月)                                       (堀)

クリックお願いします

にほんブログ村

最高の仲間に出会えたから・・・ 銭太鼓グループほほえみ会(学が丘)

シャン、シャンと振るたびに小気味よい音がする銭太鼓(ぜにだいこ)は、
出雲地方に古くから伝わるリズム楽器だ。
 竹筒に入れた穴のあいた銭(文九銭、現在は5円玉が主流)の触れ合う音を利用して
踊りの伴奏に使用したもので、安木節の伴奏として良く知られている。

 銭太鼓グループほほえみ会は、集会所を利用して、閉じこもりがちなシルバー世代が集まって活動できることを
と、地域の見守り会の提案で10年ほど前に発足した。
 発足当時、手芸、読書会など様々な会があったが現在まで続いているのは、ほほえみ会だけ。

 「一緒に支え合う素晴らしい仲間がいたから続けられた」と代表の林弘子さん。

銭太鼓3

 レパートリーは10曲ほど。
 最初に指導してくれた今は亡き先生が残してくれた楽譜をもとに、週に1回集会所に集まって練習を続けている。
 銭太鼓2  銭太鼓1
 楽譜と言っても音符ではなく、銭太鼓をたたく、肩に担ぐ などの指示が書いてあるオリジナル。
 「みんなの息が合って動作がピタッと合うと本当に気持ちいい」 
 「慣れるのに必死だけどそれも楽しい」
 
 年に4~5回ボランティアで、銭太鼓を披露。
 銭太鼓の演技だけでなく、みんなで一緒に歌う時間を設るなど、みんなで楽しめるプログラム作りを心掛けている。

 演者が楽しいと、みてくれるみんなも喜んでくれる。まさに「ほほえみ」の輪が広がっていく。
 待っていてくれる人の「ほほえみ」を励みに、ほほえみ会のメンバーの活動を続けている。

 【Data】
ボランティアでのコンサート依頼
   078‐783‐2752(林さん)

(2017年5月現在)                                     (大道)

クリックお願いします

にほんブログ村

 

みんな集まれ!楽しくアートしようよ~かよちん絵教室~上高丸

1705 絵画教室06
「よっちゃん先生」こと、山野好民(よしたみ)さんが開く、「かよちん絵教室」。
1705 絵画教室07    1705 絵画教室05
いろいろな素材を使って楽しくつくり考えることを学ぶ子ども向けの教室から、
基本デッサン、そして高校美術科や美術大学の受験生向けクラスも。
1705 絵画教室08 1705 絵画教室09 1705 絵画教室10
    楽しそうな絵の道具や素材がいっぱい!
1705 絵画教室11
    入会したらまずは自分のスケッチブックを。
    スケッチや思いついたアイデアを描く

山野さんは美術作品で様々な受賞経験を持ち、現在は彫刻家として活躍、
画廊や美術館でのアート展や、ワークショップなどを開催している。
美術大学卒業後、香川県の小豆島で石材店を手伝いながら、6年間彫刻制作をしていたが、
姉の「かよちん」の絵画教室を手伝うために垂水に帰ってきた。
お姉さんが結婚で東京に居を移してからは、
山野さんが主になり、奥さんの恵美さんのサポートで運営を。
「両親が共働きで留守が多く、兄弟3人で絵を描いたり工作していました」と山野さん。
家にあるものを使って、遊びの中でものを作る楽しさを覚えた。
1705 絵画教室01 1705 絵画教室02
絵具や粘土などをはじめ、、牛乳パックや段ボール、木や石など
1705 絵画教室03 
いろいろな素材を使って、お面やロボット、船や家、
パラパラ漫画、操り人形を作って人形劇も。
1705 絵画教室04
自由な発想で、自由なモノづくりをしていく。
「様々な工夫をすることで、考える力を」と、子どもの発想力を大切に。
いろいろなチャレンジの中で、子どもたちのそれぞれの能力が引き出され、
子どもの絵画展などで、この教室から多く受賞者を出しているが、
子どもたちはどこ吹く風で、「よっちゃん」と呼んで、山野さんを囲み、
自分の作品を見てもらったり、説明を始めたり、とても楽しんでいる。
三木市にある「よっちゃん石のアトリエ」の教室の生徒たちと一緒に、
周りの畑など広大な野外で、思いっきり制作を楽しむイベントも開催していて、
普通の「「絵画教室」ではなかなか味わえない、
スケールの大きなアート体験ができる。
                      (2017年5月)        (堀)
【Data】
1705 絵画教室12 1705 絵画教室13

クリックお願いします

にほんブログ村


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。