もうひとつの垂水の春、みみち

みみち
   このみみちの佃煮は、ちょっと豪華版で、干しシイタケとシメジ、キクラゲが入っています。
   「茎まで食べるの?」で 「みみっちい」・・・みみち という説があります。

垂水の春は、イカナゴのくぎ煮から。
そろそろ街中では、きざらや醤油など、
「イカナゴ用」として店頭に並び始めました。

でも実はその前に「みみち」を炊き始める人もいます。
「みみち」とは茎ワカメのことですが、
最近、高額で手に入りにくくなったイカナゴだけでなく、
みみちのつくだ煮を添えて贈る人も増えたそう。
 
今朝の神戸新聞で、今年のシンコの漁獲量は
過去最低か、とありました。
さて今年の「イカナゴ狂想曲」はどうなるでしょうか。
             (堀)
                           (自宅にて)    (2015年2月17日) 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ