イカナゴ狂想曲

イカナゴ

やっと次のイカナゴが店頭へ。
「今年は売れば売るだけ損や、もうすぐ2000円になるで」と店の人。
ちなみに今日は、垂水の魚屋は1500円。

一方、スーパーにも地下から1階まで、人・人・人の列。
こちらは1400円。
「解禁からこっち、淡路が強風でほとんど漁がないので」と売り場担当者。
例年、播磨の方からの入荷もあるが、
輸送時間やコストから、地元産優先とか。

ある市場関係者からは、去年並みだから心配ない、という言葉も。
さてどれを信じたらいいのか。
待ち望んではいるけど、どうにも悩ましい
春のイカナゴ狂想曲、今年はいかに奏でられるのでしょうか。
     (垂水区神田町)          (2015年2月28日) (堀)
クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ