いろいろな人が楽しく集う場所に! ~くがの家「コミュニティカフェ」~  陸ノ町

  コミュニティカフェ04 コミュニティカフェ05 
垂水駅西口を北に、天ノ下郵便局の右の坂を登って少し歩くと、
ちょっとおしゃれな、かわいい店が見えてくる。
ここは知的ハンディを持つ人たちの作業所で作られたものを扱う店として、
1993年に開設された「くがの家」(社会福祉法人ホーム塩屋=鈴木都理事長)。
コミュニティカフェ06 コミュニティカフェ07 コミュニティカフェ08    
      さをり織や、草木染め・押し花など素敵な雑貨がいっぱいのクラフトコーナー
作業所の製品を販売するだけではなく、
他の作業所の商品や地域の人がつくった製品、
また寄付による雑貨や服飾の販売なども行っており、
くがの家1 くがの家2 
  地下1階は寄付などのリサイクルショップに。
   こんな大皿が500円。
かわいい外観と、思わず手に取ってみたくなるような商品の品ぞろえで、
普通の雑貨店として、知らずに店を訪れる人も。
コミュニティカフェ09 コミュニティカフ10 コミュニティカフェ11 コミュニティカフェ12
    作業所メンバーが交流した地方の名品などの販売も人気で、
    わざわざそれらを購入するために訪れる人もいるそう。

知的ハンディを持つ人が地域の一員として自立できるよう、
支援活動を行う場所として発足した同店も、
地域に根ざして20年が過ぎ、その枠を越えて、
地域住民のふれあいの場として、
さまざまな人が訪れる交流の場になった。

最近、ここで毎月、第3火曜日に「コミュニティカフェ」が開催される。
コミュニテカフェ01
メニューは1回ずつ豆をひいて入れるコーヒー、紅茶(ホット・アイス)ともに300円で、
作業所自慢のクッキー付き。
 参加者は、お茶を飲んだり、おしゃべりをしたり、
また日によって企画される催しやリクリエーションなどを楽しむ。
コミュニティカフェ02 コミュニティカフェ03
  お茶を飲みながら、この日は色紙やチラシを使って、可愛い雑貨作りを。
また介護や認知症など、不安を抱えた人も、
平磯あんしんすこやかセンターなどの協力もあり、
悩みの相談も気軽にできる。


コミュニティカフェ13 コミュニティカフェ14
    ランチメニューの一例
そのほか、毎月第1金曜日、第3水曜日は、「ランチ提供日」が行われ、
手の込んだヘルシーメニューのランチが700円で食べられるということで、
最近では予約で満杯になることも。

【Data】
●「くがの家」
垂水区陸ノ町5-11
電話 078-707-7740
時間10:00~17:00
定休日 土・日・祝日 

●「コミュニティカフェ」
毎月 第3火曜日
13:30~16:00
コーヒー・紅茶 各300円(クッキー付き)
ケーキセット 400円

●「ランチ」
第1金曜日 第3水曜日
旬の野菜をふんだんに使用。700円。
+150円でコーヒー。

クリックお願いします
にほんブログ村 グルメブログ 兵庫・神戸食べ歩きへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ