2016年 イカナゴ事情

イカナゴ160307
今日やっと解禁を迎えた垂水の春の風物詩のイカナゴですが、
垂水漁港の値段はキロ2500円と、原油流出事故の年以来の高値です。。
イオン垂水店でも朝は2500円をつけていましたが、午後3時ごろから2000円にプライスダウン。
求める人も一時に比べずいぶん減りました。
漁港以外のイカナゴで2400円をつけている店、
私が聞いた中では一番安いところは1800円でした。
垂水駅界隈から離れると2700円という相場も。

今年はとにかく垂水の漁獲量が少ないらしく、
ある店で聴いた話では10日くらいしか店頭に並ばないのでは、ということでした。
今年ははずれ年とか、気候不順、海水温の上昇、乱獲と、様々な原因が言われています。
きのうの読売テレビの「所さんの目がテン」で、ご飯のとも近畿地区で、
和歌山の梅干しと、2つが選ばれていましたが、
せっかく名前が全国区になりつつあるのに、残念なことです。
                  (2016年3月7日)     (堀)
追記:毎年出だしは「今年は少ない」「高い」といわれることも多いですが、
案外豊漁になったり、長くまで続いたりと、始まったら好転することもあります。
あまり風評に捕らわれず、まずは楽しんで炊きましょう。
クリックお願いします

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ