きり絵に魅せられて ~山田繭歌さん~馬場通

紙に描いた下絵をデザインナイフで丁寧に切って仕上げるきり絵。
 きりえ3  2きりえ
山田繭歌さん(馬場通)がきり絵本格的にを始めたのは大学生のころ。
きりえ14
図工の先生を目指していたこともあり、絵を描いたり工作をしたりすることが大好き。
大学卒業後、一般企業に就職後も「これをきり絵にしてみたい」そんな風景に出会うとコツコツと作りためてきた。
7きりえ 
 ステンドグラスを思わせる作品  山田さんのお気に入り 
「せっかくの作品、みんなにみてもらえばいいのに」
山田さんの作品を見た知り合いのそんな言葉がきっかけで、垂水区内の居酒屋の壁に作品を飾ってもらうことになった。
きりえ15居酒屋「ふう」に飾ってある作品
このほかにもきり絵の作品を集めたファイルを置いてもらうことに。
これまでは自分の楽しみや親しい人からの依頼で制作していたきり絵の作品が人目に触れる機会が増えて、
直接知り合いでない人からもきり絵の注文が来るようになった。
「華やかなデザインをたくさん盛り込めるのが楽しい、そしてなにより作品を見た人が笑顔になってくれたことが何よりもうれしかった」

きりえ13 依頼で作った結婚式のウェルカムボードきりえ1

きりえ12  きりえ81888474_529816440469024_2113691568_n  きりえ910258884_545021355615199_2821550820640510496_n 

10きりえ  13きりえ 

きりえ6525371_353122131471790_1087416699_n 折り紙で形を折って、きり絵を入れたい場所を決めたら一度形を崩し、再び折ってきり絵を貼り付ける
きり絵は想像力はもちろん、根気と集中力が必要だ。
「これまでに使ったことのない材質の紙できり絵を作ってみたい」 
「結婚式のウェルカムボードのほかにも誕生日祝いのメッセージカードなど、見た人が笑顔になれる作品を作りたい」
「いつかきり絵の個展を開きたい」
 
今後の山田さんのきり絵の世界が楽しみだ。

作品に関する問い合わせ・依頼は下記まで
https://www.facebook.com/mayuka.shibata.7?fref=ts
(2016年6月現在)                                    (大道)
クリックお願いします

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ