なるほど、「職人」のパン屋さん、一味違う店~パン工房artizan Nitta(アルティザン ニッタ)~千鳥が丘

トーホー上高丸店の南向かいの角のある、
「パン工房 artisan Nitta(アルティザン ニッタ)」。
1609 nitta02 1609 nitta01
店名に「artisan=職人」と冠されているとおり、
店主の新田さんは、奇をてらったものではなく、
熟練した手作業でパンを作ることを生業に。
1609 nitta08   1609 nitta 13  1609 nitta 21 
「毎日食べても飽きない、生活の一コマとしてのパンを」と話す。
子供の頃過ごした町ではケーキ屋がなく、
お菓子が大好きだった新田さんは、ケーキをお腹いっぱい食べるのが夢だった。
1609 nitta11手作りのカスタードは時間をかけた分、コクがある。
長じて京都にあるパティスリーに就職、
メインがケーキで、半生菓子や焼き菓子、ベーカリーを兼ねた店舗だったが、
初めはパンやスポンジ、クッキー、シュー生地など、焼き物を担当した。
1609 nitta10中のピーナツクリームはピーナツがゴロゴロ
この京都の店を皮切りに、神戸や明石の個人店やメーカーで修業を重ねた。
あるメーカーの垂水店を担当したことから垂水に移住、
2008年に念願の店を開店した。
1609 nitta05 1609 nitta07 1609 nitta06
   ボリュームたっぷりのおかずパン
店頭に並ぶパンは、昔からあるなじみのものばかり、
でも食べてみると、それぞれが「こんなにおいしかった?」と、一味違う。
1609 nitta23サンドイッチも中身がいっぱい
特に毎日食べてほしいという食パンは、毎朝買いに来る人も。
1609 nitta 03 1609 nitta20 1609 nitta04
  毎日食べるから、確かな味で
フランスパンは開店時に焼けているので、そのまま食べるのは昼頃までが最高。
新田さん一人で焼いているので、時間ごとに様々なパンが焼き上がる。
たまに店頭に並ぶケーキやパイは、パン屋さんのものとは思えないクオリティ。
1609 nitta 二度と出会えないケーキやパイも。
出会えたら幸運かも。
【Data】
垂水区千鳥が丘3-18-11
電話 078-708-8678
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜・木曜日と不定休
1609 nitta 25  店頭でその月の休みを掲示
   (2016年9月現在)      (堀)


にほんブログ村リックお願いします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ