お客様は観客、小劇場のようなイタリアンレストラン~Teatro Cucina(テアトロクチーナ)~高丸

 瑞丘八幡神社のすぐ横手、垂水駅方面側にあるイタリアンレストラン「Teatro Cucina(テアチロクチーナ)」。
1611 テアトロクッチーナ01 1611 テアトロクッチーナ02
名前は「Teatro」=「劇場」と、「Cucina」=「厨房、料理」からきているそうで、
店内はオープンキッチン、カウンターが驚くほど場所を占める。
1611 テアトロクッチーナ03 1611 テアトロクッチーナ04
料理する姿や、熱、香りがダイレクトに客席に。
「お客様に、料理を作っているライブ感を」とオーナシェフの村上さん。
同時に「お客様の顔が見える」と、作り手としても好ましいと語る。
イタリアンの料理人としての出発は東京から。
転機は阪神淡路大震災。
垂水の地や家族への思いから地元へ帰り、
復興支援の本場イタリアにある店の支店で働いたこと。
本国からきていたイタリア人のシェフや、イタリア帰りの先輩に刺激を受け、自らイタリアへ。
地方のレストランを数店めぐり、4年半、本場のイタリア料理を勉強した。
そこで感じたのは、イタリア人の地元愛や家族愛がとても強いこと。
地元の食材を愛し、店を愛し、料理を自慢する。
1611 テアトロクッチーナ09 1611 テアトロクッチーナ10
またイタリアにも四季があり、旬を大切にする。
同店もその時期にしか味わえない地場産の食材にこだわる。
当たり前にそこにあるものを、いかにおいしく調理するか、
「普通にある食材が、驚く料理に」と、腕を振るう。
1611 テアトロクッチーナ05

1611 テアトロクッチーナ11
パスタやリゾットなども一味違うものに。
1611 テアトロクッチーナ13

1611 テアトロクッチーナ06 1611 テアトロクッチーナ08
最近は和の食材、湯葉や豆腐、ユリ根やギンナン、
近海で獲れる鱧(ハモ)や、牡蠣などもイタリア風に。
「自然の食材、自家製を心がけている」とシェフ。
地元の野菜や魚などが、見目鮮やかなイタリア料理に生まれ変わる。
ランチ 
テアトロランチ(スープ、手打ちパスタ、本日の魚料理、自家製デザート、食後のドリンク、自家製パン)2000円
パスタランチ(スープ、本日のパスタ、ジェラート、食後のドリンク、自家製パン)1300円
ほかにシェフおまかせランチ3000円、スペシャルランチ5000円、お子様パスタセット1000円など。
ディナー
一皿1600円~、チーズ盛り合わせ1000円、デザート500円~(席料、パン、付だし代で300円別途)
おまかせコースは5000円~(席料等の300円なし)
【Data】
垂水区高丸1-1-4
電話&fax 078-708-7626
営業時間 ランチタイム 11:30~14:00(ラストオーダー)
     ディナータイム 18:00~ 21:00(ラストオーダー)
定休日 水曜日(祝祭日の場合は翌日)
          (2016年11月現在)       (堀)

クリックお願いします

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ