伝統を継ぎながら、そこから新たな進化を~焼豚の店 き志もと~神田町

12月1日、垂水廉売市場西口の北側に、焼豚の専門店「き志もと」がオープンした。
161201き志もと01
店主の岸本康太朗さんは、垂水の老舗店「最高級三田牛&神戸牛専門店 ミカゲヤ」の息子さん。
同店はこだわりの食肉の販売で垂水では有名な店の一つだが、
なかでも焼豚は、垂水では知らない人がいないといわれるほどの人気商品で、
贈答用としても、定評のある逸品。
1944年から販売しており、秘伝のタレとともにファンも多い。
康太朗さんも家業として同店で働いていたが、
この度、焼豚のみを扱う専門店として独立した。
炭火焼き、強い火力で作るこだわりの焼豚は、やわらかくてジューシー。
「伝統の味を守りながらも、そこからもっと進めてみたい」。
技術を磨いて、職人として一流に。
そして、それを支えるのが奥さん。
161201 き志もと02 161201 き志もと03
これも垂水の老舗、お好み焼き「しのぶ」の娘さんで、垂水の商店街で育った。
伝統を守りながらも、若くて新しい風が。
伝統の焼豚が、これからどう成長するのか、楽しみだ。
【Data】
垂水区神田町5-6
電話078-754-5723
営業時間 10:00~18:00(売りきれ次第修了)
定休日 日曜日
    (2016年12月現在)       (堀)
クリックお願いします

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ