『明石から垂水ウォークガイド』にサプライズ

11月21日に行われた、第2回明石海峡スタンプラリーの関連イベントのひとつ、「明石から垂水ウォークガイド」に嬉しいサプライズがあり、参加者を喜ばせた。
このイベントは、同スタンプラリーを主催している、垂水区・明石市・本州四国連絡高速道路㈱が合同で企画したもので、午前中は『ぶらり子午線観光ガイド』、午後は『垂水観光ボランティアガイド』の説明を聴きながら、明石から垂水のスタンプポイントをめぐり、ウォーキングを楽しむというもの。
舞子公園での昼食をはさんで、明石のガイドから垂水へとバトンタッチした時に、普段は関係者しか通れない、明石海峡大橋の点検用管理道路を歩くというイベントサプライズが行われた。
7階分階段をのぼり、道路入り口に到着   点検用道路を歩く 点検用道路 説明を聴きながら…
海上60メートルにあるこの道路は、自動車が走る道路の下に設けられた点検、緊急用の道路。
1年に1度の「海上ウォーク」や橋の科学館の「ブリッジワールド」で歩くことができるが、申し込み制で参加料も必要。  
道路に転兼車両が、 近づいて・・・ 通り過ぎていく。
 ウォーキングの途中、ちょうど点検車両が通り、参加者はさらなるサプライズに大感激!
この日、参加者は用意されたヘルメットをかぶり、本四高速の関係者から説明を受けながら、つかの間の空中散歩を楽しんだ。 (堀) 

クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ