武藤山治生誕150周年講演会

170415 武藤講演会
15日(土)、レバンテホールで「武藤山治生誕150周年記念講演会」が開催されました。
前半は、山治の孫の武藤治太氏の講演、
後半は、田辺眞人氏をコーディーネーターにパネルディスカッション。
パネリストとして、治太氏に加えて、
山治研究の第1人者ともいわれる佐賀大学経済学部教授の山本長次氏、
兵庫県立美術館館長の蓑豊氏が舞台に。

日本的経営の礎を築き、またその後政治家としても活躍、
ブラジル移民の推進など、数えきれない偉大な業績を残しています。
また芸術にも造詣が深く、絵画の収集や、自らも陶芸を。
「これだけすごい人なのに、知らない人が多い」と田辺氏。
舞子、神戸にゆかりのある山治。
改めて、その偉大さに気づかされた1日でした。
      (2017年4月17日)        (日向 レバンテホールにて)
                     (堀)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ