いかなごだけじゃない、今が「旬」の味

  いかなご漁解禁と相前後して、垂水、明石沿岸部では生わかめの収穫がおこなわれる。
わかめ漁は、いかなご漁よりももっと海岸近くで行われるので、
肉眼でもその作業の様子が手に取るように見える。
P2280929_convert_20120301212619.jpg P2280931_convert_20120301212704.jpg
わかめを引き上げると、小舟が傾きそうになることも。
また大蔵海岸(明石)などでは、10mくらいの長い竿を垂らして、
自分でわかめをとっている人もよく見かける。
茶褐色の生わかめを熱湯にくぐらせると一瞬で鮮やかな緑色に。
P2290961_convert_20120301212740.jpg P2290962_convert_20120301212806.jpg P2290965_convert_20120301212836.jpg
ふわっと沸き立つ磯の香りが早春の訪れを感じさせてくれる。

生わかめは、塩蔵わかめや乾燥わかめと違い、弾力とぷりぷりした触感がある。
買ってきた今日は、ちりめんじゃこを添えてポン酢でさっぱりいただくことに。
P2290968_convert_20120301212907.jpg
別名ミミチともいわれる茎わかめは、細かく刻んでつくだ煮にしたり、
いかなごと一緒に炊いたりとお弁当のおかずにもなるので、おすすめ。 
 わかめのおかか煮
寒い毎日でも確実に春は近づいている。食卓に春を感じられるのが何よりうれしい。

             (2012年2月)        (大道)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ