滑祇園神社

滑祇園神社

京都の7月は八坂神社の祇園祭。
明日から前祭(さきまつり)の宵山が始まります。
平家物語の冒頭の「祇園精舎の鐘の声…」の、
祇園精舎の守護神、牛頭天皇が疫病神であることから、
この時期、疫病を祓うために祀られたそう。
神戸の平野の祇園さんや、
大河ドラマの軍師勘兵衛に登場した姫路の広峰神社なども
この牛頭天皇を祀っています。

ところで、垂水にも祇園神社があるのをご存知ですか。
1980年代に東名(ひがしみょう)と滑(なめら)から、誕生したつつじが丘。
そこにひっそりと佇む「滑祇園神社」。
由来を書いた石板には、五穀豊穣や村の安泰がかかれていて、
同じ祇園でも、鎮める神というより、鎮守の神として崇められているようですね。、
          (つつじが丘5丁目にて)                      (2014年7月13日)   (堀)  
滑祇園神社03 滑祇園神社01 滑祇園神社02
  階段を登ると境内へ。 周りは閑静な住宅地。  

滑祇園神社04 滑祇園神社05 滑祇園神社06
  すぐ横には、広くて見晴らしのいい、滑公園がある。

クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ