垂水の精霊送り

精霊送り

お盆は、あの世から先祖の霊が帰ってきて、
家族と一緒に過ごし、またあの世へ帰っていくという、
日本独特の風習だと言われています。
正式には『盂蘭盆会(うらぼんえ)』といい、
イラン語系の霊魂という意味の、
「ウルバン」が語源という説が有力のようです。

オガラを焚いて迎えたご先祖様を送るのを、
神戸では精霊送りといい、
昔はご先祖さまと一緒に、供物などを
小舟に乗せて海に流しました。
垂水でも、砂浜から海に流していましたが、
ある時から、海の環境を守るために
神戸全市で海に流すのが禁止され、
現在では、垂水は年金会館の会場に預けます。
さま変わりしたとはいえ、多くの人が訪れます。
              (平磯、垂水年金会館海側にて)                         (2014年8月15日)   (堀)
クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する


   

おもちゃ箱

→ トップへ

 ★もぐもぐBOX
   →ここおいしいよ
 ★わくわくBOX
   →生活が楽しくなるお店紹介
 ★きょろきょろBOX
   →ちょっと町あるき
 ★どきどきBOX
   →素敵を発見
 ★てくてくBOX
   →たまには散策
 ★ぺちゃくちゃBOX
   →ちょっとひとこと
 ★イベントBOX
 ★メールBOX
 ★写真館
 ★編集者プロフィール

リンク

→ トップへ